スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

はなせばわかる

帰り道の途中の街灯が
2本切れていた
細い山道を帰るものにとって
これは一大事
だって本当に真っ暗なんだもん

その場で街灯についている表示にある電話番号へ電話
当然営業時間外だったので
留守電に連絡先と場所をいれておいた


次の日の朝
携帯がなる音で目が覚める
時刻は7時45分
昨日の街灯の事での電話だった。

かなり不機嫌ながらも、切れた街灯の場所を伝える

寝起きの私と地図がいまいち見れないオバサンの会話
そりゃもうかみ合う訳もなく
切れた場所を伝えるのに、かなりの時間を費やす




ま、そんなこんなで大方の予想通り
今日の帰り道も街灯は切れたままでした。

しかも、さらにもう1本切れてるんですけど?





暗 く な っ て ど う す る ? 





ひょっとしたら、電話自体が夢だったの?
明日は休みなので、落ち着いて電話しようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006-04-06 |
  2. 雑記 |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

Calendar

Archive

Seach

RSS

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。