スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

たびのはじはかきすて

私、芝居のオーディションて
今まで1回しか受けたことがありません
のほほんとした雰囲気の中で
芝居しとりました
むしろしとります

んで今日、人生2回目のオーディション体験

 

受けたのは市民参加舞台のオーディション。
正直、オーディション受ける前に
ウチの代表から
「お前は今回受けても取らん」
みたいな事をいわれておりまして。
まあメンバーが自分とこの
劇団員ばかりになっては
「市民参加」の意味ないですもんね。
(理由が私自身にあったとしても
 そこは無視しましょう。して下さい。)

だから私としては
そんなに緊張して臨んだところで
どうっちゃなるはずもないというのは
分かってたんです

でもね、何でしょう
めちゃめちゃ緊張するんですね
多分ちょっとでもいいとこ見せようて
欲が出ちゃうんでしょうね
やっぱり受けるからには
選ばれないと、それなりにヘコみますからね

うひー、恥ずかしい
浅はかだよ浅はかすぎるよ
カミすぎなんだよほんとにもう


そんな中、ふと思いだしたのは
以前青年団の山内さんが
ワークショップで仰っていた
精神的に安定してないと
ちゃんと芝居出来ない
という主旨のおはなし。

精神力と素直に感情を出す為の
ベースつくりというか
そういうもの両方が必要って事ですよね


そう考えると
何かをちゃんと表現したり
結果を出すって事は
すごく大変なことなんだなと
何かの片手間に
出来るような事じゃないんだなと
何となくですがそんな事を思ったわけです



まあ要は
非常に収穫のあった1日だったと。
気合入ったぞ、と。
そういう日だった訳です

恥のかきがいもあるって事で…
スポンサーサイト

  1. 2005-11-19 |
  2. 雑記 |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

Calendar

Archive

Seach

RSS

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。