スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

ううむ

今日は、13時から21時まで練習。

演出はお仕事で休みだったので

鬼の居ぬまに何とやらってやつで。



しかしねぇ、正直しんどいわ(TへT)



だって縄跳びやって、色々話し合ったって

通しだって1,7回は出来るよ。

こんだけ時間あればね~ w

 

ぼちぼち、自分の役の方向性なども見えてきた今日

練習しながら「自然さ」について考えていました。



何をやっても「ウソくさい」といわれる私にとって

「ナチュラルであること」というのは、永遠のテーマです。



持って生まれたキャラクターとか、声質とか

そういうものによっても、多少は左右されるのかもしれません。

しかし残念ながら、私はナチュラルとは無縁に生まれ、育ってしまいました。

だって私はナウシカの声とか一生出来ないもんね。

・・・例えが悪いですか?



何かしらの非・ナチュラルなキャラを背負ったものとして

それでも出来る事を探しています。

だって「いかにも私は今悲しいのですよ」とか

「私はこんなにもカッコいいのよ」とか

何かを押し付けるようなのは、好みではないので。

実際にそんな奴いたら、腹立つでしょ?



で、ナチュラルという事なんですが。

この間のリーディング公演の時

「ナチュラルに!」と思ってやっていたら、演出に

「何でそんなテンション低いの?」と言われて

(・・・抑揚がないの?だったかも知れない)

ちょっと分かった気がしたんです。



うちの代表も、最近そんな内容のブログを書いていて

それを読んで、きっと同じ事だなと思いました。

まだまだ小さな気付きではありますが。



ちょっとずつ、その方法を見つけていこうと思います。



ナチュラルじゃないより、ナチュラルな方がいい。

でもナチュラルでも、魅力が無ければ意味などなく。

どんなに器用でも、愛すべき所や憎らしい所がないと

見ている人は楽しめないですもんね。

技の見せ合い大会ではないですから。





誰かのために芝居をやるってのは、ウソ臭くて嫌いですが

やっぱり、楽しんでもらってなんぼですもんね。

精進しまーす。
スポンサーサイト

  1. 2005-01-16 |
  2. |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

Calendar

Archive

Seach

RSS

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。