スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

名セリフ

050217_2140%7E01.jpg050217_2116%7E01.jpg最近、久々に触れた

名台詞で有名な2マンガ。



懐かしーい。








 

「のび太の結婚前夜」は、この間TVであってて。

いや、久しぶりに見ましたよ。

アニメドラえもん。



結婚式前夜のしずかちゃんが

「パパ!あたし、およめにいくのやめる!」って言い出すのに

マンガでは「正直電波」なる道具を使うのだけど

アニメでは(元は映画だね)

道具一切なし。

ふーん。そうなのね。



で、この後のしずかパパのセリフが

いわゆる名台詞ですね。

「あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむ事の出来る人だ。

それが一番、人間にとって大切な事なんだからね。」

「彼なら間違いなくきみを幸せにしてくれると、僕は信じているよ。」



のび太は、ただの「ぐうたらさん」じゃないんだねー。







「めぞん一刻」も同じくCATVでアニメがあってて

懐かし熱に火がついてるときに

雑誌が出てて。つい買って。

ちなみに現在、2巻まで出ております。



恐らく、色んなところで言われている事でしょうが

改めて読むと、面白いです。

こんなん、小・中学生に分かるかっちゅう

五代君と響子さんの、リアルな心の動きというか。

まあ、そんな感じのものが面白い。



これの名台詞はやっぱりラストの五代君

「惣一郎さん、あなたごと響子さんをもらいます」

…だったっけ?

あれだよねー。うんうん。



マンガ知らない人には、何の事やらさっぱりだろうけどねw







…早く3巻、出んかなぁ。
スポンサーサイト

  1. 2005-02-17 |
  2. |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

Calendar

Archive

Seach

RSS

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。