スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

再起不能

今日は学校の授業で

「面接などで好感度の上がるメイク講座」

なるものがございました。



正直、激しくヘコみました。

いや、深く痛手を受けました。



それはなぜかといいますと。

 



まあ要は、メイクの実験台にされたんですけど。

屈辱だった事は



●みんなの前でメイクを落とされた事

●メイクされるまぬけな顔を凝視される事

◎メイクの効果を確認するため、顔の半分だけメイクされた事





女子の皆さんなら、分かっていただけるでしょうか?



そして、特に最後。

半分すっぴんで、半分ばっちりメイクよ?

きっかり鼻筋の半分。

メイク終了後、鏡を見せられて思った事。











































































































アシュラ男爵か?!

もしくはキカイダー?!



















































しかも、

「ちゃんと全員に右の顔と左の顔を見せて下さいね」って

私ことアシュラ男爵は、1個1個の机を回って

顔を左右に振って回るという行動をとるはめになり。







えぇ、ちょっと。

コレが辱めじゃなくてなんだっていうんですか?

普通の人なら、次の日から学校来なくなりますよ?

30過ぎたいい歳の大人が登校拒否ですよ?

タチ悪いですよ?





しかもそれで授業は終わり

私はアシュラ男爵のまま、ほったらかしですわ。



しかもそんな私をみてクラスメイトは

「でも、可愛いよ」って…

















可愛い訳あるか!!!!!!!!!









バカか、お前は?!

慰めのつもりか?!!

何でもかんでも可愛いって言えばいいと思うな!!

死ね!死ね!

みんな死ねばいいんだ!!







とまあ、それくらい言いたくなるほどの

精神的ダメージがありました。



ウソだと思うなら、やってみれ!







そして、そこの若者!

アシュラ男爵が分からないとか言うな!

そこまで面倒見れるか!

自分でググれ!
スポンサーサイト

  1. 2005-03-11 |
  2. |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

Calendar

Archive

Seach

RSS

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。