スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. -------- |
  2. スポンサー広告 |
  3. Trackback(-) |
  4. Comment(-) |
  5. pagetop

バカと書けば許されると思っています

050426_1644%7E01.jpg「真夜中の弥次さん喜多さん」観ました。



1人観ながら爆笑してしまって恥ずかしかった。

大人計画周りのモノ(グループ魂とかね)好きな人には

たまらないと思います。



キャストが恐ろしいです。(詳しくは公式HPを)

卑怯です!卑怯すぎます!

もうね、楳図かずおまで出てるし。

 

050426_1645%7E01.jpgしかしこの映画、評価がとても分かれているようで。

特に後半部分。

私も全てを理解したのか、と問われると

そうではないと思います。

いえ決して理解はしてません。

バカですから。



あまり深く考えないで、うねりに流されながら観た方が

楽しめるんじゃないかな、という意見に賛成です。

「リヤル」って何なんだ?って考え出しても

1つの答えなんて出ない気もするし

もう何だかうやむやな感じをひっくるめて「リヤル」なのかもと

何だかそれっぽい事、書いてみました。



すいません。適当です。

バカですから。



ま、本音を言うと

「(上手く言えんが)面白かったので、よし!」という事です。

「音楽もかっこいいので、なおよし!」



バカなのもそうですが、ARATAと麻生久美子が出てきた途端

何だか「オシャレっぽい映画」な感じがしてしまう

そんな私の感性を、まずはどうにかしたいもんです。





帰りにフィッシュマンズのベスト→も購入し

今日はウキウキ。
スポンサーサイト

  1. 2005-04-26 |
  2. |
  3. Trackback(0) |
  4. Comment(0) |
  5. pagetop

Calendar

Archive

Seach

RSS

Link

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。